スマートフォン用ページはこちら

ノーマライゼーションへの取組み

障がいをお持ちの方やご高齢の方、妊娠されている方など、全てのお客さまが安心してご来店いただき、利便性の高いサービスを受けていただくことを目的とした、ノーマライゼーションへの取組みを進めています。

「優先ATM」「優先シート」の設置

「優先ATM」サービス
りそなグループの各銀行では、障がいをお持ちの方やご高齢者、妊娠されている方に優先してご利用いただける「優先ATM」「優先シート」を全有人拠点(ローンプラザ除く)に設置しています。

視覚障がい者対応ATMの設置

りそなグループの各銀行では、通常のATMにハンドセット(プッシュボタン付きの受話器)を備えた視覚障がい者対応ATMを順次設置しています。このATMでは、ハンドセットを利用することで音声案内とプッシュボタンでお取引きを行っていただくことができます。

障がいをお持ちの方が使いやすい店舗づくり

障がいをお持ちの方が使いやすい店舗づくり
車イスをご利用のお客さまより、「ATMに備え付けてある『現金封筒』は、設置場所が高くて、手が届かない」とのお声をいただきました。りそなグループでは、上記のお声にお応えするため、専用の「現金封筒入れ」を作成し、有人店舗の各「優先ATM」に設置しています。

点字による「預金取引通知サービス」

りそな銀行、埼玉りそな銀行では、視覚障がいをお持ちのお客さま向けに、お取引内容を点字で通知するサービス(無料)を提供しています。

コミュニケーションボードの設置

りそなグループの各銀行では、店頭に「コミュニケーションボード」を設置しています。これは、ご来店いただいた方がコミュニケーションに不安を感じられた際に、ボードのアイコンを指し示すことで目的をお伝えいただけるツールで、外国人の方にもご利用いただけるように、イラストとともに英語も併記しています。

コミュニケーションボードの設置

簡易筆談器・無線式振動呼出器

簡易筆談器・無線式振動呼出器の導入
埼玉りそな銀行・近畿大阪銀行では、全有人店舗の店頭窓口に「簡易筆談器」を設置しております。
また、埼玉りそな銀行では、ご高齢で耳が聞こえづらい方や耳の不自由なお客さまに、窓口の順番が来たことを振動でお知らせする「無線式振動呼出器」を備え付けています。

認知症サポーターの配置

りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行では、金融サービスの向上ならびに、高齢社会の中で認知症に関する理解を深め、認知症の方が地域で安心して暮らせる環境づくりに貢献するため、全社員が認知症サポーターとなっております。

フロントコンサルティング店舗

フロントコンサルティング店舗
近畿大阪銀行では、店頭の繁閑に応じて機動的に対応ができるよう、昇降式カウンターを設置した店舗(フロントコンサルティング店舗)を拡大しています。2016年5月末現在で38ヶ店に設置いたしました。今後も順次拡大してまいります。