スマートフォン用ページはこちら

お客さまの資産形成サポートの更なる強化に向けた取組みについて

2016年3月23日 

 

株式会社 りそなホールディングス
株式会社 りそな銀行
株式会社 埼玉りそな銀行
株式会社 近畿大阪銀行
りそなアセットマネジメント 株式会社

 

りそなホールディングス(社長 東 和浩)ならびにグループのりそな銀行(社長 東 和浩)、埼玉りそな銀行(社長 池田 一義)、近畿大阪銀行(社長 中前 公志)、りそなアセットマネジメント(社長 西山 明宏)は、個人のお客さまの資産形成サポートの一環としてフィデューシャリー・デューティー※の実践に向けた取組みを強化してまいります。

 

りそなグループではこれまで、りそな銀行の信託部門を通じ約50年にわたり年金運用の分野を中心に資産運用ビジネスを展開し、現在、約16兆円の資産を運用する国内トップクラスの運用機関としてお客さまの資産形成をサポートしてまいりました。2015年8月には信託銀行として培ったプロ向けの運用力を、グループのネットワークを通じて幅広いお客さまへ提供すべく、りそなアセットマネジメントを設立し、広くお客さまの資産運用ニーズにお応えするための取組みを行っています。

 

近年、金融機関のフィデューシャリー・デューティーに基づいた取組みが注目され、よりお客さま本位の金融サービスを提供することが求められている中、お客さまの信頼に一層お応えするため、新たに資産運用ビジネスにおける従業員の行動基準の制定や、社外有識者の意見を取り入れるための会議体の設置などの取組みを実施してまいります。

 

  • フィデューシャリー・デューティー...他者の信認を得た受任者が負う幅広い役割・責任

 

「フィデューシャリー・デューティー・アクション」の制定

「貯蓄から投資へ」という運用ニーズの高まりが期待される中で、お客さまの中長期的な資産形成に資するために、今般、グループの資産運用ビジネスにおける行動基準として、「フィデューシャリー・デューティー・アクション」を制定いたします。

 

「資産運用アドバイザリー・コミッティ」の設置

資産運用ビジネスにかかる幅広いテーマに関して、社外の有識者からの助言や意見・提言を受けることにより、フィデューシャリー・デューティーを実践することを目的とした会議体として、「資産運用アドバイザリー・コミッティ」を設置いたします。

 

資産形成サポート力強化に向けた具体的な取組み

上記取組みに加え、お客さまへのライフプランシミュレーションに基づいた提案スタイルの展開や、お客さまの中長期分散投資の実現に向けた投資信託ファンドラインナップの整備など、資産運用ビジネスにおける具体的な取組みを進めてまいります。

 

  • 【「フィデューシャリー・デューティー・アクション」の概要】【資産運用アドバイザリー・コミッティの概要】【資産形成サポート力強化に向けた取組み】【「資産運用アドバイザリー・コミッティ」の委員(社外有識者)の略歴】については、PDF版をダウンロードいただき2ページ目以降をご確認ください。
  • 4月5日 リリースに添付した【別紙】の記載内容を一部変更しています
    「資産運用アドバイザリー・コミッティ」の委員(社外有識者)について変更がありましたのでリリースに添付した【別紙】の記載内容を一部変更しています。
PDF版をダウンロードする