りそな銀行
新しいクオリティへ、新しいスピードで。『りそな』
金融機関コード 0010
店舗検索 よくあるご質問 お問合せ 採用情報 サイトマップ
個人のお客さま 法人のお客さま 企業年金のお客さま りそな銀行について
現在地:ホーム安全にお取引きいただくために > ATMご利用限度額個別設定サービス

安全にお取引きいただくために
りそな銀行では、お客さまに安全にお取引きいただくためにさまざまな取り組みをしています。

ATMご利用限度額個別設定サービス

キャッシュカードには取扱内容に応じた利用限度額があらかじめ設定されています。また、1日あたり・1ヶ月あたりのATMご利用限度額をお客さまごとに設定できるので、万が一の時に被害を最小化できます。

ATMご利用限度額

お取扱内容ごとのATMご利用限度額は下表のとおりです。

<個人のお客さま>

お取扱内容 基準限度額(口座開設時の設定) 個別設定可能な
限度額の範囲
1日あたり 1ヶ月あたり
  お引出し 50万円 ―――
磁気ストライプ取引 150万円 500万円 0円〜基準限度額
(1万円単位)
  お引出し 50万円 ―――
ICチップ取引 150万円 500万円 0円〜基準限度額
(1万円単位)
生体認証取引 500万円 1,000万円 0円〜基準限度額
(1万円単位)

<法人のお客さま>

お取扱内容 基準限度額(口座開設時の設定) 個別設定可能な
限度額の範囲
1日あたり 1ヶ月あたり
  お引出し 200万円 ―――
磁気ストライプ取引 300万円 500万円 0円〜基準限度額
(1万円単位)
ICチップ取引 300万円 500万円 0円〜基準限度額
(1万円単位)
生体認証取引 500万円 1,000万円 0円〜基準限度額
(1万円単位)

※「磁気ストライプ取引」と「ICチップ取引」においては現金「お引出し」の限度額が設定されています(法人のお客さまは「磁気ストライプ取引」のみ)。

※カード全体のご利用限度額としては、1日あたりで最も大きい限度額・1ヶ月あたりで最も大きい限度額がそれぞれ適用されます。

※各限度額には、提携先ATM・Jデビットカードサービスでのご利用金額を含みます。

※りそなグループ各行以外のATMでご利用の場合、1日あたりのご利用金額は当社所定の金額あるいは個別設定された金額のうち、小さい金額の範囲内となります。

※ご利用限度額は本人カードと代理人カードの合計になります。

※キャッシュカードによるペイジー払込は、上記限度額にかかわらず1取引あたり500万円までご利用いただけます。

<ご利用カード・ATMによるお取扱内容>

ご利用になるATMによって、お取扱内容(認証レベル)が異なります。

ご利用ATM

ご利用カード

ICキャッシュカード対応ATM ICキャッシュカード
非対応ATM
生体認証対応ATM
(指認証)
 
生体認証IC
キャッシュカード
生体情報
登録なし
ICチップ取引 磁気ストライプ取引
生体情報
登録あり
生体認証取引  

※磁気ストライプカードは、(1)指静脈認証対応の生体・IC対応ATM (2)指静脈認証以外のIC対応ATM (3)IC対応していないATM、でもご利用いただけますが、すべて磁気ストライプ取引でのご利用となります。

※りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行のICキャッシュカード対応ATMはすべて「指認証」方式を採用しております。

※一部の提携金融機関では「指認証」方式と異なる生体認証ATMが導入されていますが、これらのATMをご利用の際は生体認証取引とはなりません。

※一部の提携金融機関のATMでは、生体認証・ICチップ認証によるご本人確認を行っても、磁気ストライプ取引の限度額が適用される場合があります。

※法人カードは、ゆうちょ銀行、コンビニATMではご利用いただけますが、他の提携金融機関ATMではご利用いただけません。

※企業内CDは、CD機の機種によってはICキャッシュカードをご利用いただけません。ご利用いただける機種についても、磁気ストライプ取引でのご利用となります。

 

ATMご利用限度額の上手な設定例

磁気ストライプの限度額は普段の生活に使う金額に、生体認証・ICチップの限度額は多額の取引をする金額に設定するなど、お客さまのライフスタイルに合わせて、使いやすさとセキュリティを両立させた限度額に設定することができます。
一人暮らしの20代学生Aさんの場合
お取扱内容 変更後の限度額
1日あたり 1ヶ月あたり
磁気ストライプ取引 30万円 100万円
キャッシュカードを利用
家賃の支払や食費など普段の生活費のために、限度額は30万円に設定。
月に1度くらいしか使わないので、普段は、携帯電話で口座をカードロックしています。
カードロックサービスの詳細はこちら
コンビニATM利用が多い20代OLのBさんの場合
お取扱内容 変更後の限度額
1日あたり 1ヶ月あたり
磁気ストライプ取引 10万円 30万円
ICチップ取引 50万円 300万円
生体認証取引 (生体情報未登録なので発生しない)
生体認証ICキャッシュカード
を利用(生体情報未登録)
友人との食事などのために、コンビニや郵便局ATM・デビットカードを利用することも多いので、磁気ストライプの限度額は10万円に設定。
年に一度の海外旅行や、スポーツクラブ会費の振込用にICチップの限度額は50万円に設定。
セキュリティ重視の30代ビジネスマンCさんの場合
お取扱内容 変更後の限度額
1日あたり 1ヶ月あたり
磁気ストライプ取引 10万円 30万円
ICチップ取引 30万円 50万円
生体認証取引 500万円 1,000万円
生体認証ICキャッシュカードを利用(生体情報登録済)
振込は手数料がおトクな「マイゲート」を利用するので、ATMでは普段の生活に必要な引出しができれば十分。
高額な取引をするときは、生体認証対応ATMを利用します。さらに、使う時以外はカードロックサービスでロックしています。
最近退職金を受け取った60代Dさんの場合
お取扱内容 変更後の限度額
1日あたり 1ヶ月あたり
磁気ストライプ取引 0万円 0万円
ICチップ取引 0万円 0万円
生体認証取引 500万円 1,000万円
生体認証ICキャッシュカードを利用(生体情報登録済)
退職金を安心して預けたいので、生体認証ICキャッシュカードを利用し生体情報も登録。
磁気ストライプ取引・ICチップ取引ともに限度額を0円にしているので、りそなグループ各行や各提携先に設置された指認証対応ATMしか利用できませんが、本人が指認証を行わない限り取引されません。
また、奥さんも生体認証ICキャッシュカード(代理人カード)を持っているので、入院など突然の事態でも安心です。

ATMでの限度額設定方法

ATMのご利用限度額設定は、以下の4ステップで簡単にご設定いただけます。
STEP1
[各種サービス]→[限度額変更・照会]を選択しますSTEP2
暗証番号後、現在の限度額が表示されます。変更する限度額頭部の[変更]ボタンを押しますSTEP3
ご希望の限度額を入力し、[確認]を押します
※ATMでは引下げのみお取扱いしますSTEP4
変更前後の限度額が表示されます
よろしければ[確認]を押します。
以上にて設定は完了です。
りそなグループ りそな銀行 埼玉りそな銀行 近畿大阪銀行