2025年日本万国博覧会誘致

2025年国際博覧会誘致

りそなグループはオフィシャルパートナーとして、2025年万博の日本開催を応援します!

2025年万博の日本開催に向けた賛同者を募集中!

2025年万博を日本に誘致するためには、多くの方の賛同が必要です。ぜひ、りそなグループと一緒に万博誘致を応援しましょう!
下記のボタンより、2025年日本万博博覧会誘致ホームページへアクセスし、賛同のご表明をお願いします。

  • 賛同のご表明の際に簡単な会員登録が必要となります。

万博のテーマ

【テーマ】

Designing Future Society for Our Lives
いのち輝く未来社会のデザイン

【サブテーマ】

「多様で心身ともに健康な生き方」、「持続可能な社会・経済システム」

誘致ロゴマーク

誘致ロゴマーク

【コンセプト】
いのち輝く笑顔が輪になって、つながっていくという国民的なイベントにふさわしい親しまれるロゴマーク

概要

開催場所 夢洲(大阪市臨海部)
開催期間 2025年5月3日~11月3日(185日間)
入場者(想定) 約2,800~3,000万人
誘致に向けたスケジュール

2017年

4月 政府が万博立候補の届出をBIE(博覧会国際 事務局)に提出
6月 BIE総会
11月 BIE総会

2018年

3月頃 BIE調査団の来日視察
6月 BIE総会
11月 BIE総会(開催地決定投票)

夢洲の位置図

2025日本万国博覧会誘致委員会ホームページより抜粋

万博とSDGs

SDGsとは、2015年に国連総会にて採択された2030年までに達成を目指す「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことです。 日本は、2025年万博を通してSDGsの達成のフロントランナーとなり、世界の持続的発展に貢献することを万博立候補時に表明しています。

りそなグループでは、CSRマネジメントの一環として毎年CSR目標を定め、PDCAサイクルを回しています。2017年度からは、さらなるサステナビリティの向上に向けてCSR目標をSDGsの観点からも検証し、CSR目標と対応するSDGsを明確にしています。詳細は、「りそなCSR目標」でご紹介しています。

りそなCSR目標

りそなグループの取り組み

私募債の取り扱いを通じて「万博の誘致」と「SDGsの達成」に貢献

りそなグループでは2017年12月~2018年5月、全国版CSR私募債「日本万博・SDGs応援ファンド」の取り扱いを行いました。
お客さまが発行する私募債の発行額の0.1%に相当する金額を、グループ各銀行から万博誘致委員会ならびにSDGsの推進関連団体へ寄付を行うもので、今回この商品により、万博誘致委員会へ約4,500万円の寄付を行いました。

SDGsの実現に向けた取り組みとして、6月以降は「SDGs推進ファンド」を取り扱いしております。

「全国版CSR私募債~日本万博・SDGs応援ファンド~」による寄付金の贈呈式を行いました

CSR私募債

りそなグループ独自の取り組みで「万博の誘致」に貢献

りそなグループでは、ご来店いただいたお客さまに手続きの順番をご案内する「番号札」の裏面に万博誘致広告を掲載しています。
また、万博誘致を推進する企業の若手社員が参加した「未来社会デザイン会議」にてSDGs達成に向けた新しいビジネスプランを発表し、「事務総長賞」を受賞しました。

裏面に万博誘致広告を掲載した「番号札」

裏面に万博誘致広告を掲載した「番号札」

「2025未来社会デザイン会議」にてプレゼンテーションを行う社員

「2025未来社会デザイン会議」にてプレゼンテーションを行う社員

万博誘致の詳細は、2025日本万国博覧会誘致委員会ホームページをご覧ください。