スマートフォン用ページはこちら

決算ハイライト

四半期毎の決算の概況を掲載しています。

2018年4月、関西アーバン銀行、みなと銀行との経営統合を関西みらいFGのもとで完了しました。これに伴い、2019年3月期第1四半期より、5行ベースの計数となっています。なお、2019年4月に関西アーバン銀行と近畿大阪銀行は合併し、関西みらい銀行となっています。

2019年3月期

第3四半期決算の概況

業務粗利益は、役務取引等利益が増加した一方で、資金利益、債券関係損益の減少等から、実質前年同期(2017年12月期)比215億円減少の4,694億円となりました。
連結営業経費は、厳格なローコスト運営の継続により、実質前年同期比24億円減少の3,284億円となりました。
与信費用は、実質前年同期比13億円戻入額が増加し、127億円の戻り益となりました。
また、関西みらいフィナンシャルグループの再編に伴う統合一時利益として398億円を計上しています。
これらの結果、税金等調整前中間純利益は、実質前年同期比23億円増加の1,911億円となりました。
一方、前年に計上した関西みらいフィナンシャルグループ統合に伴う税務影響(715億円)、グループ保証子会社再編に伴う税務影響(141億円)の剥落等により、親会社株主に帰属する四半期純利益は、実質前年同期比684億円減少の1,411億円となり、本年度通期目標に対する進捗率は70.5%となりました。

  • 2018年4月、関西アーバン銀行、みなと銀行との経営統合を関西みらいFGのもとで完了しました。これに伴い、2019年3月期第1四半期より、5行ベースの計数となっています。経営統合によるりそなホールディングスの財務影響のご理解に資するよう、2017/12末・期(又は2018/3末)におけるりそなホールディングス、関西アーバン銀行、みなと銀行の各連結計数の合計(社内管理計数)、又は5行の各単体計数の合計とを比較した実質前年同期(又は2018/3末)比としてコメントを付しています。

損益の状況(HD連結)

業務粗利益

連結粗利益

営業経費

営業経費

親会社株主に帰属する当期(四半期)純利益

当期純利益

業務粗利益 (億円)

  2015/3期 2016/3期 2017/3期 2018/3期 2019/3期

通期

6,324

6,195

5,631

5,525

第3四半期

4,753

4,542

4,223

4,081

4,694

第2四半期

3,104

3,076

2,980

2,788

3,368

第1四半期

1,463

1,555

1,470

1,328

1,588

営業経費 (億円)

2015/3期 2016/3期 2017/3期 2018/3期 2019/3期

通期

3,577

3,475

3,624

3,606

第3四半期

2,681

2,579

2,699

2,694

3,284

第2四半期

1,776

1,736

1,810

1,801

2,206

第1四半期

867

873

906

902

1,119

親会社株主に帰属する当期(四半期)純利益 (億円)

2015/3期 2016/3期 2017/3期 2018/3期 2019/3期

通期

2,114

1,838

1,614

2,362

第3四半期

1,912

1,301

1,298

2,027

1,411

第2四半期

1,327

857

969

940

1,221

第1四半期

533

537

477

372

699

3行:りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行
5行:りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西アーバン銀行、近畿大阪銀行、みなと銀行

3Q及び第3四半期: 4月~12月の9ヶ月間の計数
2Q及び第2四半期: 4月~9月の6ヶ月間の計数
1Q及び第1四半期: 4月~6月の3ヶ月間の計数

資産・負債の状況

貸出金残高(グループ銀行合算)

貸出金残高(傘下銀行合算)

預金残高(グループ銀行合算)

預金残高(傘下銀行合算)

不良債権(グループ銀行合算)

不良債権及び不良債権比率(右軸)(傘下銀行合算)

貸出金残高 (グループ銀行合算 / 億円)

2015/3期 2016/3期 2017/3期 2018/3期 2019/3期

通期

277,555

279,321

284,120

289,921

第3四半期

269,738

275,545

279,299

284,463

358,596

第2四半期

270,528

278,214

279,998

284,599

359,274

第1四半期

263,733

272,447

275,476

280,656

352,947

預金残高 (グループ銀行合算 / 億円)

2015/3期 2016/3期 2017/3期 2018/3期 2019/3期

通期

367,345

382,714

407,262

428,465

第3四半期

359,214

367,619

394,504

414,868

502,548

第2四半期

356,232

372,476

388,681

413,164

503,975

第1四半期

355,472

366,954

385,852

409,719

501,347

不良債権 (グループ銀行合算 / 億円)

2015/3期 2016/3期 2017/3期 2018/3期 2019/3期

通期

4,323

4,349

3,954

3,522

第3四半期

4,347

4,412

4,099

3,581

4,278

第2四半期

4,455

4,630

4,105

3,738

4,301

第1四半期

4,688

4,315

4,303

3,907

4,599

3行:りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行
5行:りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西アーバン銀行、近畿大阪銀行、みなと銀行

3Q及び第3四半期: 4月~12月の9ヶ月間の計数
2Q及び第2四半期: 4月~9月の6ヶ月間の計数
1Q及び第1四半期: 4月~6月の3ヶ月間の計数

用語解説

  • 連結粗利益
    グループ全体での銀行本来の業務による収支(収益と費用の差額)のことで、「資金運用収支」「役務取引等収支」「特定取引収支」「信託報酬」「その他業務収支」の合計を表したものです。一般企業における粗利益(「売り上げ」-「売上原価」)に相当します。
  • 資金利益
    貸出や有価証券運用などによる収入から、預金利息などの費用を差し引いた収支のことです。
  • 役務取引等利益
    投資信託の販売やお振込、不動産仲介など、サービス提供の対価としてお客さまから頂く手数料収入のことです。
  • 営業経費率
    連結粗利益に占める営業経費の比率のことです。効率性を示す指標の一つで、比率が低いほど効率的であることを示します。
  • 与信費用総額
    貸出金などに対する貸倒引当金の計上や償却処理に要した費用のことです。貸倒引当金の戻入や償却債権取立益をネットした計数を表示しています。

関連リンク