スマートフォン用ページはこちら

りそなグループにおけるSDGsへの取り組み 寄付プロジェクト「みらいE-usプロジェクト」の実施について

2019年9月25日

株式会社 りそな銀行
株式会社 埼玉りそな銀行
株式会社 関西みらい銀行
株式会社 みなと銀行
りそなアセットマネジメント 株式会社

りそなグループのりそな銀行(社長 東 和浩)、埼玉りそな銀行(社長 池田 一義)、関西みらいフィナンシャルグループ傘下の関西みらい銀行(社長 菅 哲哉)、みなと銀行(頭取 服部 博明)は、アムンディ・ジャパン株式会社(代表取締役社長 ローラン・ベルティオ)、りそなアセットマネジメント(社長 西岡 明彦)と共同して、SDGsにおける社会貢献の取り組みの一環として、寄付プロジェクト「みらいE‐usプロジェクト」を10月1日(火)より実施しますのでお知らせいたします。

「みらいE-usプロジェクト」を通じてお客さまに「いい明日を共に創る」枠組みをご提供します

SDGsに関連する投資信託に投資していただくことを通じて、お客さまにSDGs実現に参画する機会や次世代の教育に貢献する機会をご提供します。

ご購入いただいた投資信託から得られる収益の一部を寄付します

2019年10月より「寄付対象投資信託」の収益の一部を公益財団法人りそな未来財団と公益財団法人みなと銀行育英会に寄付します。その資金を両財団が奨学金等として高校生ならびに大学生に給付を行うことで、学ぶ意欲がありながらも、経済的課題を抱えている学生をサポートします。

りそなグループは、2030年のSDGs達成に向け、金融サービスの提供を通じた活力あふれる地域社会を実現していくためのコミットメント(約束)として、「2030年SDGs達成に向けたコミットメント(Resona Sustainability Challenge 2030/関西みらいSustainability Challenge 2030)」を定めています。 りそなグループ一丸となって、コミットメントに取り組むことにより、環境・社会課題の解決と持続的成長の両立を引き続き目指してまいります。

【プロジェクトの全体像】

【プロジェクトの実施概要】

名称 『みらいE-usプロジェクト』(未来の為に今日から明日から)
「E」 ... Ecology/ Education /Environment/Everybody
「us」... お客さま、各ステークホルダー、りそなグループ各社が一緒に良い明日を創る
寄付先

公益財団法人 りそな未来財団

公益財団法人みなと銀行育英会

スキーム概要 SDGsに関連する投資信託3商品の取扱いで得る収益の一部については、りそなグループの販売会社、委託会社が共同で寄付を実施します。
対象投資信託 ①「みらいエデュケーション」(アムンディ・ジャパン)
②「みらいメディカル」(アムンディ・ジャパン)
③「ニホンノミライ」(りそなアセットマネジメント)
なお、取扱商品、取扱時期はグループ銀行によって異なります。(詳しくは各社ホームページをご参照ください)
寄付金使途 2つの公益財団は受け入れる寄付金を原資として、従来の寄付金事業に上乗せして高校生ならびに大学生を主な対象として奨学金等の給付を行います。
対象期間 2019年10月1日~2020年12月30日
初回寄付 2020年4月(予定)
寄付者 取扱銀行(りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行、みなと銀行)
委託会社(アムンディ・ジャパン、りそなアセットマネジメント)
なお、寄付金控除対象等には該当しません

【寄付対象投資信託の概要】

商品名取扱銀行関連するSDGs商品概要
みらいエデュケーション りそな銀行
埼玉りそな銀行
  • 主に世界の教育関連事業を行う企業の株式へ投資します。教育エコシステムの発展で成長が期待される3つの投資テーマ(教育プロバイダー、教育ツール、教育サービス)に関連する企業群から、ESGに関するアムンディおよび外部評価機関による評価が低い企業を除外したものを投資対象とします。
みらいメディカル りそな銀行
埼玉りそな銀行
関西みらい銀行
みなと銀行
  • テクノロジーの進化をもとに発展する今後の医療革新に注目し、主に先進国の医療テクノロジー関連企業の株式に投資します。
  • 投資対象企業には、医療機器・診療器具・医療サービス 等を含みます。
ニホンノミライ りそな銀行
埼玉りそな銀行
関西みらい銀行
みなと銀行
  • 国内の中小型株に投資します。
  • 社会の構造変化に伴い生じる「社会的な課題」の解決にビジネスの観点から取り込み、持続的かつ安定的に成長することが期待できる銘柄に投資します。

なお、埼玉りそな銀行での「みらいエデュケーション」の取扱開始は、2019年11月1日を予定しています。

PDF版をダウンロードする