スマートフォン用ページはこちら

リース会社に係る出資比率の引上げおよび持分法適用関連会社化に関するお知らせ

2018年7月31日

株式会社 りそなホールディングス

株式会社りそなホールディングスは、本日、主に国内でリース事業を展開するディー・エフ・エル・リース株式会社ならびに首都圏リース株式会社へのりそなグループの出資比率を20%まで引き上げ、両社を持分法適用関連会社としましたのでお知らせいたします。

りそなグループは、2017年4月に公表いたしました中期経営計画に基づき、銀行業務と親和性の高い機能をグループ機能として拡充することによる新たな収益機会の創出に取り組んでおり、本件についてもその一環として実施するものです。

りそなグループのお客さまにはこれまでもビジネスマッチングを通じて、両社が持つリースビジネスにかかる高度な機能をご活用いただいておりましたが、本件によりグループにおけるリース機能を活用したソリューション力をさらに高め、お客さまの経営課題解決に向けた取り組みを一層支援してまいります。

なお、本件が当社の2019年3月期連結業績予想に与える影響は軽微であると見込んでおります。

【持分法適用関連会社化後の両社の概要】

商号ディー・エフ・エル・リース株式会社首都圏リース株式会社
主な事業内容 総合リース業 総合リース業
設立年月日 1982年1月12日 1976年4月2日
本社所在地 大阪市中央区伏見町4丁目1番1号 東京都千代田区神田美土代町9番地1
代表者 代表取締役社長 西東 久 代表取締役社長 村上 則忠
資本金 37億円 33億円
主な株主 三菱UFJリース 80.00%
りそなホールディングス 20.00%
三菱UFJリース 70.71%
りそなホールディングス 20.00%

 

PDF版をダウンロードする