スマートフォン用ページはこちら

業績目標

2021年5月11日現在

りそなホールディングス連結

(億円)

2022年3月期目標 前期比
親会社株主に帰属する当期純利益 1,450 +206
  関西みらいフィナンシャルグループ 150 +92
  その他連単差 150 +19

グループ銀行合算(RB + SR + KMFG銀行合算)

(億円)

2022年3月期目標 前期比
業務粗利益 5,990 +160
経費 △3,970 △61
実質業務純益 2,020 +99
株式等関係損益(先物込) 305 △104
与信費用 △370 +153
税引前当期純利益 1,815 +182
当期純利益 1,275 +122

りそな銀行(RB)

(億円)

2022年3月期目標 前期比
業務粗利益 3,470 +77
経費 △2,130 △32
実質業務純益 1,340 +45
株式等関係損益(先物込) 260 +32
与信費用 △220 +103
税引前当期純利益 1,340 +225
当期純利益 945 +153

埼玉りそな銀行(SR)

(億円)

2022年3月期目標 前期比
業務粗利益 1,140 +35
経費 △775 △24
実質業務純益 365 +11
株式等関係損益(先物込) 35 △114
与信費用 △65 +25
税引前当期純利益 290 △85
当期純利益 205 △58

関西みらいフィナンシャルグループ(KMFG)銀行合算

(億円)

2022年3月期目標 前期比
業務粗利益 1,380 +50
経費 △1,065 △6
実質業務純益 315 +44
株式等関係損益(先物込) 10 △21
与信費用 △85 +23
税引前当期純利益 185 +42
当期純利益 125 +28
  • 2022/3期は完全子会社化に伴い関西みらいフィナンシャルグループ連結純利益の100%をりそなホールディングス連結純利益に取り込み

本ページの、将来に関する記述(将来情報)は、次のような要因により重要な変動を受ける可能性があります。

具体的には、本邦における株価水準の変動、政府や中央銀行の方針、法令、実務慣行及び解釈に係る展開及び変更、新たな企業倒産の発生、日本および海外の経済環境の変動、並びにりそなグループのコントロールの及ばない要因などです。

本ページに記載された将来情報は、将来の業績その他の動向について保証するものではなく、また実際の結果と比べて違いが生じる可能性があることにご留意下さい。