スマートフォン用ページはこちら

りそなってどんな会社? りそなってどんな会社?

りそなの概要
特長・強み
成長戦略

りそなの独自のポジション

りそなは、メガバンク、専業信託銀行、地方銀行が有する以下のような強みをあわせ持っています。

  1. (1)首都圏・関西圏における地域密着型のリテール中心の営業基盤
  2. (2)資産・事業承継や不動産仲介業務を銀行本体でワンストップで取り扱えるフルラインの信託機能
  3. (3)広大なお客さま基盤や店舗ネットワーク、多様なニーズにお応えする商品・サービス力、コスト競争力

この3つをあわせ持つ独自のポジションは、りそなならではの特長です。

メガバンク、地方銀行、信託銀行の機能と強みをあわせ持つ

フルラインの信託機能を備えた国内唯一の商業銀行

りそなグループは、いわゆる普通の銀行業務だけでなく、お客さまの財産管理を行う「信託」も取り扱っています。このような信託併営の商業銀行としては国内最大の規模を誇り、豊富な有人店舗網を活用して幅広いお客さまに信託サービスを提供しています。

りそなでは、リテールと信託を併営し、担当者一人ひとりが信託のノウハウを身につけています。また信託の商品・サービスも豊富で、個人の財産だけではなく、企業の事業承継のお手伝いや、国内の商業銀行では唯一、不動産仲介等の不動産業務も行っています。

このように、私たちは「信託」機能を活かし、お客さまのパートナーとして様々な課題にワンストップでお応えできる複合的なビジネスモデルを築き上げてきました。

図

リテールに特化

りそなの貸出金は、約85%が個人・中小企業のお客さま、いわゆるリテールのお客さま向けとなっています。言い換えると、一般的に貸出利回りが低い大企業取引が少ないため、収益の源泉となる預貸金利回り差が相対的に大きくなっています。

また、リテールのお客さまが中心ですので、相対的に貸出が小口に分散され、大口や特定分野に集中した不良債権化等のリスクが抑制されます。

貸出金ポートフォリオの比較
預貸金利回り差の比較

一方で、リテール業務は、きめ細かな対応が必要となるため、一般的に高コストとなりがちですが、りそなでは事務の改革を進めてきました。

また、超低金利環境が継続するなか、貸出金主体のビジネスモデルからの転換を企図して、フィー収益を拡充しています。現状のグループ全体の連結フィー収益比率は28.8%となっていますが、りそな銀行・埼玉りそな銀行ベースでは32.9%となっています。

今後、りそなのシステム、オペレーションのノウハウ、商品・サービスを関西みらいフィナンシャルグループに積極的に展開していきます。

連結経費率の比較
連結フィー収益比率の比較
  • ※1グループ銀行合算
  • ※2出所:各社決算資料、りそな:グループ銀行合算(りそな銀行+埼玉りそな銀行+関西みらい銀行+みなと銀行)、メガバンク3G:三菱UFJ+三菱UFJ信託、みずほ+ みずほ信託、三井住友+SMBC信託、地銀上位10G:連結総資産上位10地銀グループ(ふくおかFG、コンコルディアFG、めぶきFG、千葉、ほくほくFG、静岡、西日本 FHD、山口FG、八十二、九州FG)
  • ※3連結経費率=営業経費/業務粗利益
  • ※4RB:りそな銀行、SR:埼玉りそな銀行、KMFG:関西みらいフィナンシャルグループ
  • ※5りそなホールディングス
  • ※6三菱UFJ FG、三井住友FG、みずほFG

安定した黒字体質

2008年に発生したリーマン・ショック。世界中の多くの金融機関が赤字の計上を余儀なくされたなか、りそなは、黒字を維持し、1,200億円以上の利益を計上することができました。

これは2003年の公的資金注入以降、抜本的な財務改革と堅実経営を徹底してきたことの証です。

総資産対比の利益率(ROA)はメガバンク比優位に推移
  • ※7会社公表資料から、りそなホールディングス(りそなHD)にて作成
  • ※8KO:近畿大阪銀行

先進的なコーポレートガバナンス体制

グループの持株会社であるりそなホールディングスは、透明性が高く健全な経営を実践するために、2003年に当時、日本の銀行として初めて「指名委員会等設置会社」に移行しました。

取締役は10名。そのうち6名が幅広い知見や経営経験を有する社外取締役で、過半を占めています。

銀行内部の理屈だけで結論を出すのではなく、外部の目線であらゆる角度から議論し、多様な意見の中から正しい結論を導くことで、持続的な成長と企業価値の向上を実現していくことを目指しています。

社外取締役

各委員会の委員長は社外取締役

画像

浦野 光人

報酬委員会委員長

監査委員

(元 ニチレイ 社長・会長)

画像

松井 忠三

指名委員会委員長

報酬委員会委員

松井オフィス 社長
(元 良品計画 社長・会長)

画像

佐藤 英彦

指名委員会委員
監査委員会委員

弁護士(ひびき法律事務所)
(元 警察庁長官)

画像

馬場 千晴

監査委員会委員長

(元 みずほ信託銀行 副社長)

画像

岩田 喜美枝

指名委員会委員
報酬委員会委員

(元 厚生労働省 雇用均等・児童家庭局長)
(元 資生堂 副社長)

画像

江上 節子

指名委員会委員
報酬委員会委員

武蔵大学社会学部 教授

社内取締役

画像

東 和浩

会長

画像

南 昌宏

代表執行役社長

画像

野口 幹夫

執行役

画像

川島 高博

監査委員会委員

りそなの本気①企業風土を変えた、ガラス張りのまる見え経営

ガラス張りの役員室

ガラス張りの役員室(東京本社)

りそなには、いわゆる“役員室”はありません。
透明な経営を目指すため、役員室はガラス張りで仕切りのない大部屋になっています。

お客さまに本気で向き合うために、社員も役員も社長も、みんなが同じ目線で対等に話し合い、情報を共有することで、スピーディに正しい判断を行う。
そのために、私たちは本気で透明な経営に取組んでいます。