RESONA Re:Heart

子どもたちの文化活動を応援しています 「全国特別支援学校文化祭」表彰式の運営

2018年2月10日(土)に「全国特別支援学校文化祭」表彰式を開催しました。

りそなグループ東京本社で「全国特別支援学校文化祭」表彰式を開催し、全国から選ばれた造形・美術、書道、写真の優秀賞受賞者の皆さんにお集まりいただきました。
当日は好天に恵まれ、全国各地から参加された受賞者とそのご家族・先生方など、約130名もの皆さんの笑顔溢れる表彰式になりました。

「全国特別支援学校文化祭」表彰式
「全国特別支援学校文化祭」表彰式

ボランティア活動の様子

表彰式当日は、朝から総勢45名のボランティアが参集。全国から来てくださる皆さんに表彰式をめいっぱい楽しんでもらおう!とそれぞれの持場で盛り上げました。会場までの道案内、受付、お荷物のお預かり、表彰式の司会進行など。ボランティアスタッフ一同真心こめて運営に務め、ご出席いただいた皆さんの笑顔に心が温かくなりました。

表彰式会場の準備、また緊張をほどくために受賞者の方と表彰の練習も行いました。
矢印
駅のホームから会場までの道案内を行いました。
矢印
コートや荷物をお預かりし、会場に皆さまをご案内しました。
矢印
式の司会進行や表彰状のお渡しの補助などを行いました。
矢印
作品制作時の思い出や普段の学校でのことなどを、ご家族も交えて軽食をとりながら懇談し、笑顔いっぱいの時間となりました。
矢印
交流会のあとは、会議室でTV会議を体験し、りそなグループの特徴であるガラスばりの役員室を見学しました。
矢印
東京本社ロビーに展示された自分の作品を見つけて駆け寄る子どもたち。みんな嬉しそうに笑顔で写真に納まっていました。
私たちが運営を行いました。受賞者の皆さん、誠におめでとうございます!私たちは、これからも心を込めてこの活動に取り組んでいきます!

作品展示会も同時に開催!優秀作品展示会をりそなグループ東京本社にて開催しました。

文部科学大臣賞

「キリン」「海の聲」「色んな空」

全国文化連盟会長賞

「たまご」 「精進」「カナブン」

りそなグループ賞

「カエル」「The favorite things」「自画像」「写真を撮るよ~」「友」「人生貴適意」「強い心」「花と青紫の猫」
背景

全国特別支援学校文化祭表彰式とは?

全国の特別支援学校 幼児、児童、生徒の芸術・文化活動の充実と向上を図ることを目的として、日頃の文化活動の成果を発表する場です。
この文化祭には、各都道府県の特別支援学校文化連盟より推薦された造形・美術、書道、写真の3部門の作品が出品され、優秀賞が選出されます。

主催

全国特別支援学校長会・全国特別支援学校文化連盟

作品

出展作品は「インターネットギャラリー」にてご覧いただけます。
造形・美術、書道部門のみの掲載です。

りそなグループでは、1994年より全国特別支援学校文化連盟の活動を支援し、年に一度開催される「全国特別支援学校文化祭」において、「りそなグループ賞」を贈っています。
りそなグループ東京・大阪本社や埼玉りそな銀行本社ビルでは、入賞作品の展示会を開催しています。
Re:Heart倶楽部では、2013年度より表彰式の運営を担っています。

障害のある子供のためのインターネットギャラリーのホームページ画像
ページの先頭へ