RESONA Re:Heart

2018年の活動写真

育樹を行いました!

2018年7月21日、宮城県岩沼市「千年希望の丘」にて、りそなグループの役員・従業員およびその家族総勢126名が参加し、昨年に引き続き苗木の成長を促すための育樹(除草)作業を実施しました。

開催式

苗木が防災林として育つには、10年以上が必要と言われています。これからも一緒に頑張っていきましょう!

育樹

雑草除去作業

土が見えないくらい、雑草が生い茂っていました。
苗木を傷つけないよう、
丁寧に周りの雑草を抜きました。

親子ボランティア

夏休みのスタート時期であった為、
親子でボランティアに参加した従業員もいました。
刈り取った雑草は、みんなで力を合わせて運びました。

暑い中での作業

最高気温32度と、日差しが照り付ける暑い中での
作業でしたが、綺麗になっていく植樹地を見ると
清々しい気持ちになりました。

苗木が見えないほど生い茂っていた雑草が無くなり、綺麗になりました!

被災地見学

語り部ボランティアの方々から、震災体験を伺いました。いざという時に自分の命を守るのは「自分自身」。
日頃から防災意識をしっかりと持ち、備えをすることが大切だと学びました。

語り部ボランティア

千年希望の丘

千年先まで子どもたちが笑顔で暮らせるように、という願いが込められている「千年希望の丘」。
私たち「Re:Heart倶楽部」は、小さな苗木が地域の方々の笑顔を守る、
大きな森へと成長していくよう、これからも活動を続けていきます!

ページの先頭へ